mixひとびとtango2010

京丹後~草を結び 人を結ぶ 豊かな土地へ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

2 丹後の織物をめぐる 小さな旅

こんにちは、あしだです。
新緑もずぶぬれ、レインコートが欲しそうです。
あまがえるも、長靴がいりますね。

丹後は織物のふるさとでもあります。
古代からさまざまな織物が織られています。
24日(月) 8番 弥栄町・鳥取 機音の聴こえる谷を訪ねました。
あしぎぬの碑の近くです。約1300年前には、朝廷に「あしぎぬ」を
献上しています。民さんのおばあちゃんは、機織りをはじめて54年目です。

機織り機が並んだ場所は、生きているミュージアムです。
好奇心を刺激する、現代アートのミュージアムです。

2010.05.24 mikutan hataori 014

筬に4100本の糸を通すそうです。
1年に1本通すなら4100年かかります。
KTR峰山駅は、この筬の形をイメージして作られました。

2010.05.24 mikutan hataori 033

白生地の地紋は、紋紙がつくりだします。

2010.05.24 mikutan hataori 029

この機械は糸繰り機です。
思わず、スイスの現代アーティスト・ティンゲリーの作品を思い出しました。
彼の作品は、機械仕掛けで動きます。
子どもも大好き。

お孫さんのコージくんは、糸繰り機でよく遊んでいたそうです。
がちゃがちゃ。その動き方も、チャプリンが歩くようです。

2010.05.24 mikutan hataori 024

コージ君が描いたナスの絵。
おばあちゃん、がんばれ。

2010.05.24 mikutan hataori 031

あしぎぬのふるさとから、21世紀・自分の想いを写す着物まで
丹後の織物をめぐる小さな旅。

5番  網野町・藤織りの遊し舎さん(前半)
20番 丹後町・螺鈿織さん (前半)
48番 網野町・西途さん ちりめんの地紋の謎(今週末)
41番 峰山町・草木染めの嶋津さん(今週末)
30番 久美浜町・いけ部さんの着物 (今週末)

39番 峰山町・禅定寺では、丹後で最初に織り上げられたちりめん布を
みることができます。(今週末)

きっとその昔、丹後では、織姫と彦星が仲良く暮らしていたのでしょうね

別窓 | 日記 | コメント:1 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<3 木のぬくもりのある家を訪ねる 小さな旅 | mixひとびとtango2010 | ミクタン前半 終わりました♪>>

この記事のコメント

くみこさん、皆さんお世話になりました。
おばあちゃんにもこのブログ見てもらいました。
何だかよくわかってないようですが
「ほ~かぇ~」って言うとんなります。
2010-05-27 Thu 21:02 | URL | 小池 民 #-[ 内容変更] | top↑
∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| mixひとびとtango2010 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。